読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taigoの日記帳

会社嫌いであり、仕事嫌いです。個人的な考え事をのんびり日記に綴ります。(目標は一週間に一回更新)

拝啓、内定式を受けた君へ

昨日10月1日は内定式の日だった。

多くの大学生が来年の4月から働く企業で内定式を受けたと思うが、ある種の社畜参入儀式が大学生のうちに行われることはいささか見るに耐えないと僕は思う。

 一部の企業は学生が入社する前から資格を取れや、勉強しろなどという拘束をしているというのを聞くともやもやした気分になるのが正直なところである。

 

僕がいる会社でも学生たちが内定式のために訪れていたが、先輩との懇談会では若手で元気な見た目の良い奴らが部屋に向かっていったところから察するに会社のイメージをコントロールしたいらしい。どうやら僕のような元気の無い奴はお呼びでないらしい。

 

もし僕が学生に語るとしたら...

会社の人事評価なんか気にしないで話すとしたら...

 

ちょとだけ書かせて欲しい。

 

1:会社が好きになれなくても良い。

行きたい会社があったけど入れてもらえなかったと言う人も多いはず。

好きな業界、好きな職種にもなれなかった。金を稼がねば飯を食えないのでとりあえず内定をもらった会社に入る人も多いかと思う。そして会社も製品も好きになれない人もいることだと思う。

だが、それでも良いと思う。会社員としては職務上求められる業務を遂行して結果を創り出すことができればなんら問題はない。それは会社が好きだからとか製品が好きだからと言う理由でできることではないと僕は思う。会社や製品に対して客観的な立場も必要である、時には社内を批判する人も必要だ。だから会社を好きになれなくても良いし、無理に好きになる必要もない。貴方の目で見て自身の意見を伝えられる人になって欲しいと思う。

 

2:学生から社会人に変身するのではなく、会社に勤めるようになるだけのこと。

「多くの会社では君たちは社会人になるからそれ相応の責任を持つ事になる...(中略)...社会人としてふさわしい行動と発言、マナーをしていただきたい。」多くの人がこんな話を受けたんじゃないだろうか?

当たり前すぎてバカバカしい話であると同時に社畜としての洗脳の意味が込められている。要約すると下記二点のような感じだ。

 

  ①てめーら、うちの社員になるんだから犯罪とか馬鹿なことゼッテーにやるんじゃねーぞコラァ!会社のヒョーバン落としたら死刑だぞぉ!

  ②新入りの社畜になるんだから周りのオジさんと先輩には敬語とそれ相応の態度を取らんと痛い目にあわしたるぞぉボケが!!

 

①について、近年冷蔵庫に入ったり線路におりて撮った記念写真をウェブ上に投稿するバカッターという物が流行している。あのようなことをやると社会人だろうが高校生だろうがたちまち拡散されて下流とご老人のお茶の間にエンターテイメントを供給するというのは誰もが知るところである。これから会社に勤めるだけの脳みそがある人間に無駄な説教である。

②について、会社に入ると面倒な目に見えないヒエラルキーが存在してしんどい思いをするのだが彼らのいう社会人のマナーとは社畜ヒエラルキーの押し付けに他ならない。社内ーのヒエラルキー遵守に執心し、外部のお客さんをないがしろにする企業は非常に多い。

社畜ヒエラルキーの遵守を押し付けるようなスピーチであれば従う必要はないだろう。

大切な事は学生から社会人に変身するので相応の成長をしろと言うことではない。一人の人間として会社に入り働き始めるということだ。一人の人間であることに変わりはない。だから自身の正しいと思うマナーや敬語を学んで使っていけばよい。

怖い社畜から使うように押し付けられた言葉をそのまま使うのは調教と同じだ。自身で考えて習得した言語を使って欲しいと思う。

 

 

3:仕事を通じた成長とか自己実現なんてナンセンス。

就活中はなにかとやりたい事やら自分とは何かというアホな問答を繰り返して「俺のやりたい事はこれだ!!」という謎の悟りを開いた人を何人か見た事がある。就活サイトや大学のキャリアセンターもなぜか悟りを開く事や自己実現を推奨しているが、残念ながら悟りを開ける人は全体の数パーセントだろう。同じように会社の内定者や新人研修でも自己実現やら成長といったことが叫ばれると言うケースがよくある。

断じて言うが「俺のやりたい事はこれだ!!」とか「俺はこんな目標を達成してやる!!」などという悟りを開く事ができなくても大丈夫だ。

そもそも会社で働く環境や仲間も上司も仕事内容も選べない環境下でやりたいこと自体を問う事がナンセンスだ。だからやりたい事や目標なんて持たないまま入社したって問題ない。見つけられたら儲けモンだと言う程度に捉えておこう

同時に...入社時点や内定時に悟りを開いた者たちが何人か居るとは思うが彼らも社畜ヒエラルキーに揉まれるうちに神童からタダの新人になってしまう。

 

と、いろいろ書いてきたけど僕の考えてることなんか無視していい!!

自分の正しいと思う事をやって、人として間違ったことをしなければそれで良い。

ただし、会社に魂を縛られるな。縛られても他人に強制するようなカス社畜になるな!!

というのが僕の結論。

 

 

おっと最後に良書の紹介。

入社までに読むべき一冊はこれだ!! 

サラリーマン生態図鑑

サラリーマン生態図鑑

  • 作者: アコナイトレコード
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2011/12/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 20回
  • この商品を含むブログを見る
 

 下手なビジネス書を読む前に諦観あふれた脱力系書籍を読む事をお勧めする。

サラリーマンに違和感を持て!!

 

See you soon !